美容健康の強い味方、スーパーフード”モリンガ”とは

「ずっと若々しくいたい」「健康的に痩せたい」「便秘を解消したい」「アレルギーで悩んでいる」など、美容健康に関するお悩みはありませんか?
実は今、世界で注目されている”モリンガ”が、こういった悩みに全て答えてくれる可能性を秘めた次世代のスーパーフードという事はご存知でしょうか?
なぜなら、近年モリンガの研究が盛んになり、様々な科学的根拠に基づいた効果効能が実証されているのです。
この記事では、”モリンガ”の効果効能やこの食材の秘めてる可能性を、科学的根拠に基づいてご紹介していきます。
この記事を読み終えた後に、”モリンガ”が様々な美容や健康に関する悩みを解消してくれる1つのアイテムとして、皆さまの生活の一部になれればと思います。

モリンガとは?

モリンガは、インド北部原産の樹木です。他にも、アフリカやマダガスカル島、アラビア半島、東南アジア、南アメリカにも栽培されています。
近年、日本でも沖縄や鹿児島などで栽培されるようにもなってきました。
学名は、〝MoringaoleiferaLamarck〟(モリンガオレイフェララマルク)といって、「油を有する」という意味のラテン語に由来するようです。
和名は「ワサビノキ」英名では〝Horseradishtree〟(ホースラディッシュツリー)と呼ばれています。
他にも世界中で様々な呼称を持っています。例えば、モリンガのサヤの姿形から「ドラムスティックツリー」と呼ばれたり、種から採れる油に由来して「ベンオイルツリー」と呼ばれることもあります。このオイルは、フランスでは高級オイルとして取引されています。
さらにフィリピンでは、「母親の親友(マルンガイ)」と呼ばれ、栄養豊富な野菜として市場などで販売されています。
葉、茎、花、実、種、根など、モリンガには捨てるところがなく、何から何まで利用することができるため、「奇跡の木」「万能の木」などと呼ばれたりもしています。
モリンガは成長が早く、数年で高さ3〜10メートルになり、過酷な環境でも育つ生命力の強さから、「不死の木」とも呼ばれています。

モリンガの歴史

日本でのモリンガの歴史は、「次世代のスーパーフード」として近年知られるようになってきました。
しかし、人類とモリンガの歴史でいうと、実は5000年以上も前から生薬として親しまれてきたのです。
インドのアーユルヴェーダでは、5000年以上も前から300もの疫病の治療や予防にモリンガが利用されています。
このことから、「300もの病気を予防する薬箱の木」と呼ばれることもあります。
モリンガの若木の根は、発熱した時の薬となり、樹液は消毒液、葉は解熱剤や胃腸薬、種は炎症や腫れなどの鎮痛剤、種から採れる油は、痛風やリウマチの痛みや腫れを抑える塗り薬として利用されていました。
他にも、モリンガから採取したオイルを使い、香水や肌のコンディションを整える素材として使われたりもしていました。
世界3大美女として有名なクレオパトラも、モリンガのオイルを肌に塗り、モリンガの葉のお茶を飲んで美しさを維持したと言われています。
こうした伝統的な美容や治療法が近年の研究で、その効果の実証が証明されつつあります。

モリンガが秘める11の効果

1.便秘の改善
モリンガの葉には食物繊維が豊富に含まれています。
その量はなんとレタスの21倍。
また、食物繊維には不溶性と水溶性の2種類があり、モリンガはそのどちらも含んでいます。さらに、モリンガはタンパク質も豊富なのですが、このタンパク質は「難消化性タンパク質」と言われ、食物繊維と同じ働きをするタンパク質なのです。これらの栄養素によって、モリンガは便秘の改善の効果が期待できます。

2.貧血の改善
モリンガの葉には鉄分が豊富に含まれています。
その量は牛レバーの4倍。
植物性の食品に含まれる鉄の多くは非ヘム鉄と言われるものです。
この非ヘム鉄は、ポリフェノールの一種であるタンニンによって吸収が阻害されてしまいます。モリンガは抗酸化物質であるポリフェノールも大量に含んでいますが、タンニンの量は少ないです。なので、効率よく鉄分を吸収することができるのです。

3.骨粗しょう症の予防
モリンガの葉にはカルシウムが豊富に含まれています。
その量は牛乳の20倍。
骨に含まれるカルシウムの量は、歳をとるにつれて年々減少していきます。
その名の通り、骨にコツコツとカルシウムを貯めておくことで骨粗しょう症の予防に繋がっていきます。
骨が弱くなる前から、毎日しっかりとカルシウムを取ることが大事です。
日々の生活の中でモリンガパウダーを活用して、お茶として飲んだり料理にふりかけてみたりすることで、カルシウムを貯めることができます。

4.アレルギー対策(花粉症やアトピー)
実はモリンガは、豊富な栄養素を含んでいるだけでなく、アレルギー症状を改善する効果もあると言われています。
花粉症に関しては、2011年に嶋田貴志らによって「モリンガ葉のスギ花粉アレルゲン誘発好酸球集積に対する抑制作用」という実験が『日本食品科学工学会誌』で発表されています。
アトピーに関しては、2016年に韓国のChoiらによって行われた研究結果が
『Biomedicine&pharmacotherapy』という学術雑誌に掲載されています。
どちらもマウスを使った実験ですが、アレルギー症状が改善したという結果が出ています。

5.高血圧の改善
塩分の取りすぎによって高血圧になりがちな現代人ですが、モリンガに含まれるカリウム・食物繊維・ギャバ(GABA)によって改善が期待できます。
カリウムはトマトの6倍。ギャバはゴーダチーズの15倍含まれています。
カリウムは塩分(ナトリウム)の尿への排泄を促進させ、食物繊維(水溶性食物繊維)は塩分の吸収を抑えてくれます。これにより、高血圧の予防になります。
そしてギャバは、抑制を促す神経伝達物質であり、血圧の降下作用が広島大学の梶原らの研究によって報告されています。

6.糖尿病の改善(血糖値上昇の抑制)
糖尿病は現代人が抱える生活習慣病ですが、近年、人での実証実験が進み、モリンガが糖尿病に有効性があることが明らかになっています。
2018年に学術雑誌『Nutrients』に掲載されたイタリアのLeoneらの研究結果によると、モリンガパウダーを含んだ食事を食べた際は、血糖値の上昇が抑制されたと報告されてます。これは、糖質の吸収を抑える成分がモリンガに入っているからです。いわゆる、GI値の低い食品に多いと言われる成分です。
他にも、2014年にインドで発表された論文には、糖尿病患者が3ヶ月間継続的にモリンガパウダーを摂取したところ、血糖値が下がったという報告もあります。
このことから、糖尿病の改善にモリンガが有効性があるといえます。

7.脂質異常症(高脂血症)の改善
脂質の多い食事を取りすぎることで動脈硬化が進み、脳梗塞や心筋梗塞などのリスクが高まります。いわゆる、悪玉コレステロールが原因なのですが、モリンガパウダーはこれらを改善できる研究結果が報告されています。
また、葉だけでなく、モリンガの種から採取されるオイルには、オリーブオイルと同じ不飽和脂肪酸がたっぷり含まれています。これにより、善玉コレステロールを低下させることなく、悪玉コレステロールだけを減らしてくれます。
さらに、モリンガにはビタミンEもたっぷりと含まれているので、この抗酸化作用により脂質の酸化を抑えてくれるのです。

8.肥満の予防(太りにくい体づくり)
食べ過ぎ、運動不足などにより、内臓脂肪が蓄積され肥満を引き起こします。
そうすると、糖尿病、高血圧、脂質異常症などが同時に起こります。いわゆるメタボリックシンドロームです。
2017年、エジプトで動物実験の結果が報告されてます。
肥満のラットにモリンガの葉の抽出物を投与した結果、抗肥満作用が認められたそうです。種でも同様な実験をして、同じように肥満の抑制効果があったと報告されてます。

9.抗菌作用
途上国などでは、飲み水に適さない河川の水をモリンガの種を使って浄化して利用されています。これは古くから生活の知恵として活用されてきました。
実はモリンガの種に含まれるタンパク質には、水中の汚れや微細な浮遊粒子などを集めて沈殿させる浄化作用があるのです。
なんとアフリカのマラウイでは、モリンガの種を用いた大規模な水処理施設まで造られています。
「モリンガの種の中にあるタンパク質が、強力な抗菌作用がある」
これは多くの論文で発表されている事実です。

10.育毛作用
これは多くの男性にとっては嬉しい効果ではないでしょうか。
実は私も、この効果にはとても期待をしています。
2017年に、機能性食品素材の開発を行う「ファーマフーズ」によって、モリンガが育毛を促進する可能性があると報告されているのです。
マウスを使った実験なのですが、体毛を除毛したところにモリンガの葉から抽出した成分を含む液体を塗ったところ、9日後に発毛が確認されたそうです。
まだまだ研究の段階ですが、いつかモリンガのヘアケア商品が市場に広まるのが楽しみです。

11.関節の炎症を防ぐ
最近の研究結果では、モリンガの葉に関節の炎症を抑える効果があるとも報告枯れています。
2018年、『Integrative Medicine Research』という学術雑誌に、ラットを使った関節炎の病状の進行を抑えた結果が報告されています。
人での実証実験はまだですが、今後の可能性に期待ができる結果でした。

モリンガが環境問題を救う

次世代のスーパーフードとして世界中から注目されているモリンガですが、その活用方法は食材だけに止まりません。
私たちが住む地球は、長いこと環境問題に悩まされています。
その代表的なものが地球温暖化です。
気温が上がるとどうなるのか?
気温が2℃上昇した場合、豪雨が頻繁に降る可能性が高くなったり、農作物に影響がでたり、私たちの健康にも影響がでます。
地球温暖化の原因になっている二酸化炭素。
その排出量が増えた原因は、化石燃料の使用量の増加、電気の使用量の増加、森林伐採による二酸化炭素循環機能の破壊、人口増加などが挙げられます。
こうした温暖化問題に対して、モリンガは大きく貢献できる可能性を秘めているのです。
一人あたりが排出する二酸化炭素量は1年で約320kgと言われています。それを吸収するのに必要な木の量は、おおよそ一般的な植林から10年以上の木で約23本必要とされています。
しかし、モリンガの場合植林から2年以上の木、たったの2本でこの量の吸収が可能です。これは日本杉の約50倍といわれています。
モリンガは成長も早いため、2年で大きく育つことが可能です。
私たちの体の健康だけでなく、モリンガは地球環境に優しい、地球を助ける植物だと思っています。

モリンガを通して社会貢献

美容、健康、環境問題だけでなく、栄養失調の防止や経済的な自立という点から、社会貢献という分野でもスーパーフード”モリンガ”は国連も注目しています。
貧困問題が深刻なアフリカでは、NGOなどがモリンガを活用した食糧支援が行われています。
主に、栄養不良の子供達や授乳している母親たちへの栄養補助という形でモリンガが利用されています。
ジンバブエでは、免疫力を向上させることを目的として、エイズ患者のための食品としてモリンガが利用されています。
他にも、発展途上国の自立を後押しする役割をモリンガは担っています。
現在、モリンガの世界的な需要は年々拡大しています。
それに伴って、インド、東南アジア、アフリカなどのモリンガを栽培している国では、モリンガ農場をどんどん拡大しています。
これにより、その国々で雇用が生まれるのです。雇用が生まれることで収入が生まれます。この循環が大きくなることで、発展途上国の経済的自立をモリンガは担っているのです。

フィリピン産のモリンガを選んだ理由

様々なモリンガの原産国がある中で、私がなぜフィリピン産のモリンガを選んだのか?
私は2017年にフィリピンに渡り、その翌年にモリンガと出会いました。
その時に、モリンガが持つ栄養素や効果効能に興味を持ち、自分なりにモリンガに対して理解を深めていく中で、「モリンガに関わる商売をしたい」という思いが強くなりました。
フィリピンではモリンガの事を親しみを込めて、「母親の親友(マルンガイ)」と呼びます。冒頭でも紹介してますが、これはフィリピンではモリンガがとても身近な食材として食されているからです。
私は、商売を始めるために直接取引できるモリンガ農場を探しました。
現地のフィリピン人に協力をしてもらいながら、様々な農場を視察をして、ついに「ここだ」と思えるモリンガ農場と出会いました。
農場探しの初めの頃は、「どこの馬の骨だ」と警戒されるのを覚悟していたのですが、どこの農場もとてもウェルカムで、外国人の私がモリンガをビジネスとして取組もうとしているのをみんなが応援してくれていたのが印象的でした。
その中でも、「ここだ」と思えた農場は、60歳手前の女性オーナーがいる農場でした。
見た目もそうなのですが、彼女は60歳手前ということを全く感じさせないぐらい若々しくパワフルで、モリンガの話をする時の表情がとてもイキイキしてました。
若い頃はフィリピンのテレビ局でプロデューサーとしてバリバリ仕事をしていたそうなのですが、働きづめで体調を壊し、その頃からモリンガを日常的に取り入れたそうです。
その結果、みるみるうちに元気になり、そこからモリンガに惚れ込み、今ではモリンガ農場のオーナーやオーガニック食品を扱う会社をバリバリ経営してます。
彼女は他にも、今後のビジョンも話してくれました。
「もっとモリンガを広めて、雇用を生んで生産者の暮らしを豊かにしたい」
私は彼女のこの話を聞いて、一緒に仕事をしたいと思ってここの農場と契約を結びました。

MORINGA QUEENの思い

MORINGA QUEEN(モリンガクイーン)は、モリンガを通して、
美容、健康、悩み、環境問題、社会問題などの様々な問題を解決できる存在を目指しています。
ここまでご紹介した通り、モリンガという食材はものすごい可能性を秘めています。
それにも関わらず、まだまだ一般的に知られていません。
どんなに良いもの、どんなに凄いものでも、知られなければ良さには気づかないものです。
私は2018年にモリンガと出会いましたが、出会ってからはモリンガの虜になっています。
昔から健康には気を使っていたので、様々なサプリメントを飲んでいましたが、今では飲んでいるサプリメントの種類も減り、モリンガを主軸に健康管理をしています。
全てがバランスよく入っているオールイン食材”モリンガ”を、一人でも多くの人に手に取ってもらえたらと思っています。
知れば知るほど虜になるモリンガを、ぜひ日常で取り入れてみてはいかがでしょうか?

おすすめコラム